忍者ブログ
「 ゆうま(Vo.Gt) 」
【先日のツバクラメ11周年ワンマンについてのエピソードを色々書こうと思います】
長い文章になります。
僕の独り言みたいなものですが、誰かの背中を押せたらいいなと熱い想いをもって書きます。
素敵な写真もいーっぱい載せてるので
よかったら最後まで読んでやってください。
●まずは挨拶を
すっかり遅くなっちゃいましたが、【3/10(土)ツバクラメ11周年ワンマン@京都二条Live House nano】にお越し頂いた方々、本当にありがとうございました^_^

お客さんだけでなく、メンバーやnanoのスタッフなど、観てくれる人たちみんなの一体感がすごくて、終始あたたかくて愛のあるライブになりました。
涙腺はずっと飽和状態でした。
みんなのおかげでツバクラメ史上最幸のライブになりました。
色んな事情で、観に来れなかった人がたくさんいて、本当に残念過ぎます。
それでもツバクラメのお客さんは本当にあたたかくて、ひとりひとり愛のあるメッセージをくれるのでライブ前にたくさん泣かされました。
そんな残念過ぎる観に来れなかった人たちのためにも、今回は映像に残してあります!!
現在DVD化を考えて進めております。
会場みんなのとびきりの笑顔も写ってると思うので、素敵なDVDになります。
当日来てた人も改めて観たくなるものになるかと。
てゆうか、僕が観たい(笑)
しかし、なんせ2時間ものライブを1時間ほどのDVDに凝縮する予定なので、しばらく編集に時間がかかります。
首をキリンくらいながーーーくしてお待ちください。

【癒しのnanoスタッフみきちゃん】

●初めてのワンマン
ワンマンが終わってゆっくりする間もなく日常は戻ってきて、なんだか夢みたいなライブだったなぁと今でも余韻が残っています。
というか、あの日みんなは僕の夢の中に居ました。
ツバクラメを始めて早11年、初めてのワンマンでした。
もう何度もワンマンやってると思ってたとよく言われるんですが、色々理由があります。
元味、新味、屑オケとメンバーが変わっていく度にバンドがリセットされて、ワンマンをやれる曲数が無かったりしました。
これは離れていくメンバーのせいとかでは全くなく、バンドメンバーを繋いでおけるだけの魅力が僕に無いのだと当時はとにかく自分を責めていました。
あと、ワンマンくらい大きなことをするとメンバーに多大な負担がかかってツバクラメが嫌になるんじゃないかとか…
そもそもそんなお客さんが集まらないんじゃないか、とか…
後ろ向きなことばかり考えていて、ワンマンライブをするのは夢のまた夢だと思い込んでずっと自信がありませんでした。
●今回のワンマンのきっかけ
そんな自信が無い中、nanoの周年イベントを観ていて思いました。
バイトでもバンドでも長いことお世話になってきたnanoでお客さんいっぱいにして、最高のライブをして、恩返しがしたいなと。
nanoのオーナーまーこおばちゃんにぽろっと相談してみました。
そしたらすぐに、「じゃあ今までのメンバー全員復活のワンマンやな!めっちゃええやん!やろやろー♪」とにこやかに僕に言ってくれました。
「メンバー全員復活」の案は僕の中にうっすらあったけれど、踏み出すにはかなりの勇気が必要でした。
僕の元を離れていったメンバーに声をかけて、もう一度一緒にバンドをやってくれるだろうかととても不安でした。
それでもまーこおばちゃんが軽々と僕に言ってのけてくれたことで僕は背中を押してもらいました。
少なくともめっちゃ楽しみにしてくれるまーこおばちゃんが観てくれると思ったら、これを必ず実現しなくちゃと思ったのです。

【ツバクラメ星屑オーケストラ】

   

●ワンマン実現に向けて
1年前からnanoのもぐらさんに話して計画してました。

【nano店長・PAもぐらさん】
不安ながらもメンバーに声をかけて、結果みんなが集まってくれたのは本当に奇跡でした。
元味Dr.さやさんはお子さんが産まれて2歳になって少し落ち着いてきた頃だったし、元味Ba.たけるは数年経って仕事が慣れてきた頃だったからできました。
しかし子育てしながら仕事もしながらさやさんはよくやってくれたなぁと思います。
新味はDr.江口匠が東京からBAA BAA BLACKSHEEPのライブに合わせて帰京した際に練習したり、ツバクラメの練習の為だけに夜行バスで来てもらったりしました。
屑オケはそもそも全員が他のバンド活動などがある中でやってくれてるので、8人の練習の予定を合わせるだけでも大変な訳です。
実現させるのは容易くなく、メンバー全員の気持ちが揃うことが必要でした。
今から思うとメンバーは僕以上にワンマンの日を大事に想ってくれていたから実現できたんだなと心からひとりひとり感謝しています。
メンバーが揃った今、「やりたいことをやれる時にやるしかない」と、「今しかない」と思って思い切って実現させました。

【ツバクラメ元味】


●梶本ヒロシ(ワゴンズ)

カジさんの歌が大好きで、ワゴンズが大好きで、オープニングゲストとして出演をお願いしました。
お分かりの方も居られると思いますが、opening Ultramarine Sky for youという素敵な名称を考えてくださったのはもぐらさんです。
その名の通り、どこまでも広がるような空を感じさせる歌を歌ってくださいました。
ツバクラメに捧げますと歌うカジさんの歌には泣かされました。。。
自分のステージの前に泣かされると思ってませんでした(笑)
当日言い忘れたー!と後悔したことのひとつなんですが…
実は憧れのカジさんの弾き語り音源と、ワゴンズの音源のCDジャケットを僕が担当しています!↓
ぜひライブ会場でお買い求めくださいませ。
4/1は木屋町DEWEYでワゴンズのライブがあるので僕は観に行きます!
皆さんもよかったらぜひ一緒に!
●カメラマンたち
大事なもうひとりのメンバーとも言えるカメラマンたちです。
ぜひ彼らの活動も応援してやってください。あったかい人たちです。
映像撮影・編集:鬼村悠希(BANZAI FILMS)

鬼村くんにはサイダーのMVを撮ってもらったり、ワンマン当日は一緒にステージ上がって撮影してもらいました↓

映像撮影:kou
Twitter @pmn_kou
コウくんもワンマン当日舞台袖で撮影してくれていました。
「感動して泣きました」とライブ後に言ってくれて、僕が泣きそうでした。

写真撮影:サカイミサヨ
Twitter @Cikkoi_ossan
この記事に載ってる素敵な写真は全部ミサヨさんの写真です◎
ツバクラメの大事な場面にはいつも撮影をお願いしている、ツバクラメのメンバーのひとりとも言える存在です✻
(肝心なミサヨさんが写ってる写真が無い!笑)
 
●FOOD企画屋UTAGE

僕、フェスとか好きなんですよね。長い時間好きな人たちと楽しく過ごせるからかな。
フェスには美味しいごはんやおつまみが必須です!(自論)
企画屋UTAGEのみんなはいつも優しくて、ツバクラメの大事な時にいつも居てくれます。

●tsubamegoodsアトリエゴタンダ

アトリエゴタンダこと、ツバクラメ星屑オーケストラのマンドリン弾き、みなみちゃんはとっても愛の深い人です。
曲のイメージや歌詞などから連想してつくってくれているので、ひとつひとつ愛がこもってます。
今回はワンマンに向けてさらに種類を増やしてくれて、本当にワンマンを楽しみにしてくれてるんだなぁと瞼が熱くなりました。
手作りアクセサリーはみなみちゃんが出演のライブにのみ物販に置いています。
またぜひ身に着けてライブに遊びに来てください✻
(みなみちゃんや僕らがとっても喜びます)

●CDを聴いて欲しい
 
ライブのMCでもCD買ってください言うといそれぞれとつくってきた楽曲は彼らや僕の命が吹き込まれたCDになっています。
3ピースの元味では1st「HEROS IN THE MAGAZINE」、2nd「satellite」
4ピースの新味では「パノラマep」
8人の屑オケではフルアルバム「星屑オーケストラ」
作品毎にストーリーがあるし、曲順とかにもこだわりがあります。
CDでしか表現できないこともたくさん詰め込んであります。
その時々のメンバーとできることを精一杯やったなぁと、どの作品も思い出がたくさんつまった愛おしい作品です。
みんなに気軽に聴いて欲しくて、メジャーのバンドとかと比べたらだいぶ安い価格に設定しています。
なのに、メジャーとかと変わらないくらい音質は良いし、ハイクオリティーなCDです。
…正直あんまり儲けはないです(笑)
聴いてもらえたら幸せです。
Backyard RecordsにてCDを委託販売しているので、ぜひオンラインショップ(通販)でお買い求めくださいませ↓
Backyard Recordsオンラインショップ↓

●好きな事を続けるということ
ツバクラメを聴いてくれてる人みんなに「好きな事を続けて欲しい」と思います。
そして、「やりたいことをやれる時にやって欲しい」と思います。
それを体現して伝えたつもりのワンマンでした。
今までの文書を読んでもらってお分かりの通り、僕は随分と臆病な、自信の無い、どこにでもいる人です。
あなたにもできるよ、と伝えたいわけです。

【ツバクラメ新味】

MCでは話さなかったけれど、元味、新味、屑オケとメンバーが変わってきましたが、元味より前にも実はツバクラメのメンバーは何度もメンバーチェンジがあったりしました。
その度にどうやってツバクラメを続けていこうかと悩みます。
今だってそうです。屑オケのメンバーはみんな忙しい中やってくれているし、続けていけるだろうかと不安です。
好きなことを続けていくにはたくさんのことを乗り越えていかなくてはなりません。
いい歳して何やってんだと笑われたりもするし、メンバーとうまくコミュニケーションが取れなくて悩んだり、色んなことで何度も挫けそうになるし、好きなはずの音楽を「やめたい」とすら思う時も何度もありました。
きっとこれからもそうなのでしょう。
それでも続けたいと思います。
音楽が好きだから。
歌うのが好きだから。
バンドが好きだから。
ツバクラメのメンバーが大好きだから。
ツバクラメを聴いてくれる人たちが、関わってくれる人たちが、大好きだから。
だから僕がそんな大好きな人たちの背中を少しでも押せるようにこれからも歌いたいし、ツバクラメを続けていきたいのです。

【ツバクラメ星屑オーケストラ】
   
  

●ツバクラメというバンド
今回のワンマンで、ツバクラメを通して出会ってきた人たちの顔をたくさん思い浮かべました。
みんなが僕をツバクラメのVo.Gt.にしてくれたんだなと気付かされました。
ツバクラメは「僕のバンド」だと思ってたけど、もう「僕だけのバンドじゃない」のだなと感じました。
メンバーも、聴いてくれる人も含めて、「みんなでつくってきたツバクラメ」なんだなと。
ワンマンの会場はなんだかそういうことを感じる空気に溢れていてこの上なく幸せでした。
好きなことを続けてきた先にワンマンという素晴らしい景色がありました。
みんなと一緒に観れて本当によかったです。
愛されてるバンドだなとつくづく思います。
毎回のライブに来れなくたって、何ヶ月ぶり、何年ぶりに会えることだってあって、それが本当に嬉しくて、僕は続けます。
だからいつだってライブ会場で待ってます。
子供連れも来れるようなイベントにも出るようなったり、メンバーが変わったり、増えたりするかもしれません。
これを読んでくれてるあなたにも変化があるだろうし、きっとツバクラメも今後色んな変化があると思います。
僕もみんなも変化を楽しんでいきましょうね。
変わらないものは必ずあるから。
どうぞこれからも末永くツバクラメをよろしくお願いします。
長い文章を最後まで読んでくださってありがとうございました。
ツバクラメ Vo.Gt. かわはらだゆうま


上段左から→nano店長・PAもぐらさん、ヴァイオリン弾き・あっちゃん(CAPRICE)、チェロ弾き・いずみ(笛部)、ティンホイッスル・コーラス・あいか(CAPRICE)、梶本ヒロシ(ワゴンズ)、元味Dr.フタガミサヤ、鍵盤・コーラス・cue、屑オケDr.あさいげん(Ribet towns)

下段左から→nanoオーナー・まーこおばちゃん、nanoスタッフ・みきちゃん、新味Ba.小林翔平、新味Dr.江口匠、元味Ba.カワベタケル、かわはらだゆうま、マンドリン弾き・みなみ(アトリエゴタンダ)、屑オケBa.あべつとむことりっきー(THE MYHALLEYⅡ)、nanoスタッフ・企画屋UTAGE・ミノウラ

拍手[0回]

PR
この度、和歌山の女性2人組kikiの「溢れ出しソーダ」というアルバムのCDジャケットを描きました◎




 

歌詞カードやCDの盤面もデザインしたわけですが、そちらは買ってからのお楽しみ。

紙ジャケの風合いも楽しみです。

この日から発売です!↓


8月23日 心斎橋酔夏男

kikiレコ発ワンマン 「溢れ出しソーダが出るソーダ!!」

OPEN 18:00 (18:30~何かあるかもないかも)

START 19:00

TICKET \2000+1drink

拍手[0回]

さて、どのくらいの方がこのサイトをご覧になっているかわかりませんが頑張って書きます。

お久しぶりです。ゆうまです(^-^)

先日は2/19、レコーディング1日目を終えてきました。



レコーディングエンジニアは空中ループのGt和田さん。

噂の寺スタジオでのレコーディング。

3曲入りのCDの制作。

ドラムとベースから録音。リズム隊3曲録るだけでも昼〜夕方に達しました。

これでも早い方だと思います。

数少ないテイクで録り終える彼らは改めて男前だと思いました。

ドラム江口のセッティング↓



ギター、ピアノを少し録音して夜になりこの日はお終い。

続きはまた3月。

その時には歌を入れたりします。

しっかし、cueちゃんのピアノはとっても良い音です。

僕のギターも和田さんのフェンダーのアンプのおかげでとても良い音で録音できました。



レコーディングをすると自分の力量を知ることができたり、

改めてメンバーの大事さを感じます。

歌をよく聴いてくれて、歌をより良く聴かせる為にはどうしたらいいか考えてくれる、ドラムえぐっちゃんにベースのしょーへー。

歌を、曲をよく理解してくれてドラマチックに、華やかにしてくれるピアノ・コーラスのcueちゃん。

本当に素敵なメンバーに支えられています。

涙があふれるほど彼らには感謝してもしきれません。

この気持ちは僕が頑張って彼らに少しずつ返していくんだと思います。

より良い音源作りを目指し、精一杯頑張ります。

その先にはこの4人でしか作れない音源が出来上がります。

素晴らしい作品になることは間違いがありません。

夏頃には届けたいと思っています。

首をきりんくらい長くしてお待ち下さい。


ゆうま

拍手[0回]

久しぶりに更新します。ゆうまです。

突然ですが、明日からレコーディングに入ります!

なんとなんと!エンジニアは空中ループの和田さん!

わくわく♪


僕らにとっては突然ではなく、ずーーっと準備をしてきました。

深夜に5時間スタジオに入って朝まで練習したり。眠かった(笑)

とりあえず明日まる一日レコーディングです。3曲入りのCDを制作する予定です。

レコーディングしてすぐに発売できたらいいのですが、色々と準備することがあります。

夏頃に発売できたらと思っています。

良い音源を作ってきます。

行ってきます。


川原田祐馬

拍手[0回]

10/16(水)@京都二条 nanoのライブに観に来て下さった方々、ありがとうございました*

「新曲良かったです」と言われる事は本当に嬉しくて励みになります。

あ、じゃあこの新曲はこれからもやっていこう、という気になれます。

頑張れます。ありがとうございます。

ちなみにセットリストはこんなかんじでした↓

1. 手編みのマフラー(新曲)
2. 屋上
3. HOME STAR
4. ロンリーローリンナイトベイビー(新曲)
5. キラキラ涙サンセット(新曲)
6. 君は太陽、僕は満月

見ての通り、新曲だらけでした(笑)

たまには解説してもいいですかね。


1曲目、「手編みのマフラーはほつれた赤い糸」というフレーズがサビにくる辺りがお気に入り。この季節の変わり目にぴったりのナンバー。

2曲目、屋上も言ってしまえば新曲みたいなものです。パノラマの景色が広がる学園屋上ドラマ。

3曲目、星屑のきらめき。プラネタリウムなんていらないくらいの満天の星空。

4曲目、ひとりの夜、自分が嫌いになる時はこの曲を思い出してほしい。サビで「大丈夫、もう君をひとりにしない」という歌詞をようやく歌えるようになった。

5曲目、過去を捨てて目の前の君に歌うんだと覚悟を決めた曲。サビの最後に「何回だって愛してやる」と歌うのは何に対しても、という意味を込めています。

6曲目、これ以上の名曲はしばらく書けないだろうと思います。「僕ら精一杯 この命を燃やすんだよ 夢見るんだよ そう 君と僕で 最高の天文ショーにしようぜ」。


いやー、ほんとみんなにもっと聴いてもらいたい。最近よく思います。

いい曲が書けている自信があります。

いい歌を歌います。

これからも。

精進します*

拍手[0回]

卒業式が終わった後の最後の見送りの時にかける曲に”卒業写真”を入れて下さいとご要望頂きました。

嬉しいことに、見送りの時にかける他の曲の選曲も担任の方々からお任せ頂きました。

選曲はこんな風にしました↓

1. 卒業写真 / かわはらだゆうま
2. ありがとう / いきものがかり
3. 愛をこめて花束を / Superfly
4. Best Friend (Album Version) / kiroro
5. 空も飛べるはず (Album Version) / スピッツ

当日は3曲目くらいまでしか流れませんでしたが、15分くらいと聞いてましたのでそんなもんかと。
4、5曲目は流れたら嬉しいなぁくらいに考えてました。
4、5曲目はおそらく小学生の子ども達にとっては古すぎて、ほとんど聴いたこともないかもしれないですしね。
でもとってもいい曲なんですよ。知らなかった人は是非、CD、YouTube等で聴いてみてください。

ちなみに。
”卒業写真”はリミックスしました。音の手直しをしたという事です。
音に広がりを持たせて、響いて聴こえるようにしてみたけれど・・・
あのざわついた放送の中だとまぁ誰も気づいてなかったりするんでしょう(笑)

気づかなかったついでで言えば・・・
4年生の1組と3組はメッセージを書いたフラッグを持っていたわけですが、実は僕の企画で、
「卒業おめでとう、いつでもあなたの味方、今までありがとう」と書いて僕もフラッグを持っていたのです。
気づかれなかっただろうなぁ(笑)


そしてですね、5曲にしぼるのはなかなか難しかったです。いい曲がありすぎて。
ただ、最終的に彼らにどんなメッセージを送ろうかと考えてこの5曲、曲順になりました。

学校の放送で自分の曲がかかるのは本当に嬉しいことで、
「”卒業写真”かかってたね」と嬉しそうに言ってくれる人達がいて、しあわせでした。

本当にありがとうございました。

そして

卒業おめでとう。

最高の卒業式だったよ。

あなたたちの歌は本当に素晴らしくて、思い出すと今でも涙がにじみます。

僕はどうやら2013年3月19日という日を忘れられそうにないです。

すこしづつ大人になっていくあなたたちを見るのが僕の喜びでした。

もう毎日のようには見れないのかと思うとひどく寂しいです。

でも僕らは思い出になったから、また思い出せるんです。

きっとまたいつか少し大人になったあなたを見れる日を楽しみにしています。


川原田祐馬

拍手[12回]


クラスで流してもらったり、廊下で口ずさんでいるのを聞いたり、放送で流してもらったり、あるクラスでは全員で歌ってくれたり・・・

放送で流れることであったり、

誰かに口ずさんでもらったり、

大好きな人たちに歌ってもらえたり、

すべてが僕の夢でした。

みんなが叶えてくれました。


心を込めてありがとうと言いたいです。


あなたたちとの残された時間を大切にします。


-----

何人かから質問がありましたのでお応えしておきます。

CD収録曲はこんなかんじでした↓


1. 卒業写真 / かわはらだゆうま
2. おまけ(アポロ11号)
3. 宇宙グライダー / ツバクラメ
4. サヨナラの印 / ツバクラメ


歌詞が知りたいとご要望頂きましたので、「つづきはこちら」をクリックしてもらったら歌詞が見れるようにしておきます。↓

拍手[13回]

HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH